ピアノ講師の仕事、一生懸命がんばります。
by z2iz0xl8dv
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
【菅登板】責任・危機感どう示..
at 2010-06-11 20:11
傘 子どもたちの「笑顔の花」..
at 2010-06-01 21:49
<タクシー強盗>銀行の2副支..
at 2010-05-26 17:10
<谷亮子>参院選出馬 「二足..
at 2010-05-17 13:12
【萌える日本史講座】KYなお..
at 2010-04-30 23:56
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


首相、政治の信頼回復後に消費税論議 増税なら社会保障目的税 参院予算委で(産経新聞)

 参院予算委員会は12日午前、鳩山由紀夫首相と関係閣僚が出席し「経済・財政」に関する集中審議を行った。首相は消費税について「国民の政治に対する信頼を回復した後に議論する」と述べた。その上で税率を引き上げる場合は社会保障目的税にすることを明言した。

 法人税率については「世界と比べて高いのは事実として認めるべきだ。課税ベースを広げる中で減税の方向に導いていくのが筋だ」と述べ、引き下げに前向きな考えを示した。

 このほか、外務省の有識者委員会が核の持ち込みに関する日米間の「密約」を認めたことについて「日米関係で障害があってはならないし、そのことは大丈夫だ。外交交渉を通じて日米間の信頼をさらに深化させることが望まれる」と述べ、日米関係が悪化することはないとの認識を示した。

 同時に「新政権なればこそできた。こういうことを明らかにする勇気を新政権が持ち合わせていると胸を張って言える」と述べ、成果を強調した。

【関連記事】
5月に新年金制度の基本原則 “逃げ”? 具体設計は参院選後へ
マクロ視点で公約見直せ 財務相の消費税発言は本気か
法人税率、引き下げ議論加速 次期衆院選の争点に
「法人税引き下げを」仙谷国家戦略相
政府税調が初会合 消費税や所得税が焦点に 5月に論点整理
20年後、日本はありますか?

札幌7人焼死 ホーム運営会社を捜索 2人の身元を確認(毎日新聞)
サリドマイド奇形 メカニズムを解明 東工大など(産経新聞)
「社会保障への注力で平和に」―日医・唐澤会長(医療介護CBニュース)
平田・民主参院国対委員長、原口総務相の遅刻を厳しく批判(産経新聞)
京都大「iPod」などに講義配信へ(読売新聞)
[PR]
# by z2iz0xl8dv | 2010-03-19 19:14

盗撮の自衛官を現行犯逮捕=駅エスカレーターで−千葉県警(時事通信)

 千葉県流山市の駅で女子学生(20)のスカート内を盗撮したとして、県警流山署は16日、県迷惑防止条例違反容疑で、航空自衛隊十条基地補給本部人事課の3等空曹今陽平容疑者(29)=同市南流山=を現行犯逮捕した。同署によると、「ムラムラしてやった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は16日午後9時ごろ、つくばエクスプレス南流山駅構内の上りエスカレーターで、カメラ付き携帯電話を使い、大学2年の女子学生の後ろからスカート内を盗撮した疑い。 

【関連ニュース】
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
電車内で痴漢、京大生逮捕=女子学生の太もも触る
盗撮の成田空港巡査を逮捕=スカート内にデジカメ
名古屋高検検事に盗撮容疑=迷惑防止条例違反で捜査
防犯団体、活発に活動=「月に20日以上」が4割

【アニマル写真館】「シタツンガの赤ちゃん」 神戸市立王子動物園(産経新聞)
<雑記帳>すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
参院選、責任者として臨む=小沢氏(時事通信)
田中真紀子氏、首相を酷評 小沢氏は称賛(産経新聞)
<東京地検>弁護士と元妻を8億円脱税で起訴(毎日新聞)
[PR]
# by z2iz0xl8dv | 2010-03-18 12:05

みんなの党 じわじわと人気…支持率「野党第2党」(毎日新聞)

 「政治とカネ」のスキャンダルで失速する民主党と、野党暮らしで意気の上がらない自民党に代わり、みんなの党がじわじわと存在感を増している。メディアへの露出度は決して高くないのに、世論調査の支持率は老舗政党をしのぐ勢い。永田町の新興勢力の人気は本物か。【木下訓明】

 みんなの党の国会議員は衆院5人、参院1人。渡辺喜美代表と山内康一国対委員長は自民党、浅尾慶一郎政調会長は民主党を「脱藩」した。渡辺氏は幕末の志士ブームになぞらえ「坂本龍馬をやっています」と語る。

 昨年の衆院選では、公示10日前の結成で5議席を獲得。比例代表の全国合計得票は300万票に達し、社民党に961票差に迫った。メンバーの一人は「ひらがなの党名が票に結び付いた」と分析するが、渡辺氏は結党時、別の党名を推していたという話もある。12月には無所属だった川田龍平参院議員が入党した。

 党の基本理念は、脱官僚▽地域主権▽生活重視。安易な消費税増税論にはくみせず、「国家公務員を10万人削減」「国会議員を衆院300人、参院100人に削減」と訴える。小泉構造改革と重なる部分が多いが、渡辺氏は「小泉改革は中途半端」と言い、より急進的だ。小泉改革を支持した桜井正光経済同友会代表幹事や、竹中平蔵元総務相が重用した高橋洋一元内閣参事官らが政策ブレーンとささやかれる。

 少数野党で質問時間は限られ、スポットライトを浴びる機会はなかなかない。資金難のため国会に近いマンションの一室を党本部とし、専従職員は置かず秘書が交代で詰める。党活動といえば、メンバーが週1回昼食をとりながら合議する程度だ。

 ところが、鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長の政治資金問題で与党にほころびが出始めると、毎日新聞の全国世論調査で鳩山政権発足時に3%だったみんなの党の支持率は、今年2月に6%まで伸び、公明党(5%)をしのいで「野党第2党」に躍り出た。

 05年衆院選で「小泉旋風」に乗り初当選した山内氏は、昨年の衆院選で小泉チルドレンが軒並み落選する中、みんなの党から再選を果たした。36歳にして党国対委員長を務め、他党のベテラン議員と渡り合う。「自民を離党した時には落選を覚悟した。ところが今、みんなの党は注目の的」と笑みがこぼれる。

 人気にあやかろうとする動きも出てきた。公明党は2月、みんなの党と政策協議を始めることで合意した。新党結成のうわさが絶えない自民党の舛添要一前厚生労働相は今月、民主党の複数の閣僚と並べて渡辺氏を連携相手に挙げた。

 政界の第三極を目指す党にとって、今夏の参院選はその試金石。目標は「10議席以上」と高い。現時点の公認候補は5人にとどまるが、「他党でだめだった人の吹きだまりではない」(幹部)と慎重に人選を進める。「渡辺氏が個人的に目立っているだけ。政策が支持されているわけではない」(自民党関係者)という懐疑的な見方はあるものの、みんなの党は「台風の目」になりそうな気配だ。

【関連ニュース】
<公明>みんなの党に接近 「第三極」づくり模索
<毎日新聞世論調査>小沢氏「辞任を」76%内閣支持50%
<記者の目>シリーズ「日本をどうする」/5=岸井成格 文明の岐路、どう乗り切る
<コラム・東奔政走>小沢問題で再び始まる政界流動化
<コラム・東奔政走>民主・長崎ショックと自民の拙攻 予算成立後に問われる小沢幹事長の進退

スカートの下にカメラ入れる、巡査を現行犯逮捕(読売新聞)
阿久根市長 3回連続で市議会本会議を欠席 鹿児島(毎日新聞)
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官(医療介護CBニュース)
<新型インフル>流行水準下回る 患者報告数「1」以下に(毎日新聞)
警視庁捜査1課長を更迭 「私的な不適切行為があった」(産経新聞)
[PR]
# by z2iz0xl8dv | 2010-03-16 21:05

岩手の高校、監督教員の携帯鳴り試験やり直し(産経新聞)

 岩手県立杜陵高校(盛岡市)で9日行われた入学試験で、英語のヒアリング試験中に監督教員の携帯電話が鳴り、試験をやり直すというハプニングがあった。

 同校によると、携帯電話の着信音が鳴ったのは50代の男性教員で、体調不良の受験生3人が試験を受けた保健室の監督を担当していた。学校放送を通じて出題した3問のヒアリング問題の1問目の途中で突然、男性教員の着信音が鳴りだし、約2秒後に携帯を切ったという。

 同校では全問終了後、94人の受験生全員に再度、1問目の問題を流した。

 菅原完司校長は取材に対し「不注意で緊張感が足りなかった。受験生に迷惑をかけて申し訳なかった」と謝罪した。

 岩手県教育委員会によると、携帯電話の着信音対策として、受験生には受験要項で「試験場内への持ち込み禁止」を指導していた。9日の試験直前には、各校で再度注意し、持ってきた受験生からは携帯を預かるなどの対応をしていた。監督教員にも「携帯は職員室に置いて試験場に持ち込まないように」と指示していたという。

【関連記事】
学力テスト 民主は政策の誤り認めよ
4221人を門前払い 国公立大の2次試験中後期日程
判定ミスで6人を追加合格 横浜の鶴見大
東北大入試で出題ミス 正解2つ
鹿児島大入試で出題ミス 570人全員正解に

<三重県警>男性警部補が捜査報告書を改ざん 書類送検に(毎日新聞)
「衰弱認識しながら放置」=逮捕の父親供述−奈良5歳児餓死(時事通信)
「密約」報告書、9日に提出=外務省の有識者委員会(時事通信)
<掘り出しニュース>人工アイスワイン、フルーティーで極甘 きょう発売(毎日新聞)
プラス改定で「バックギアからフロントギアに」―邉見副会長(医療介護CBニュース)
[PR]
# by z2iz0xl8dv | 2010-03-12 04:03

温暖化基本法案「国民対話が重要」 連合、政府に申し入れ(産経新聞)

 日本労働組合総連合会(連合)は4日、政府が今国会に提出を予定する「地球温暖化対策基本法案」(仮称)について関係閣僚と官邸で意見交換を行い、国民に開かれた議論を進める必要性を訴えた。

 連合は、法案をめぐる議論が非公開で進められたことを問題視し、政府に意見を直接申し入れることにした。連合側からは、南雲弘行事務局長はじめ実務担当者が出席。政府側からは、平野博文官房長官、仙谷由人国家戦略担当相、直嶋正行経済産業相、小沢鋭仁環境相らが参加した。

 この中で、南雲事務局長は、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する中期目標の達成に向けた議論に民意を反映し、雇用創出など生活者や勤労者の視点を織り込むよう求めた。

 意見交換後、南雲事務局長は記者団に「(温室効果ガスの排出削減に向けて)国民や産業・企業が何をやるのかという役割や責任の分担は示されていない。それを早く作ってもらい、国民対話をすべきと申し入れた」ことを明らかにした。

 法案に盛り込む個別政策では、国内排出量取引制度に言及。「一方向とれる文言ではなくて、少し検討するところがあってもいいと申し上げた」と説明。各方面の意見を考慮しながら制度の方向性を議論するよう求めた。

【関連記事】
温暖化基本法 問題多い25%削減ありき
地球温暖化対策基本法案の閣議決定ずれこむ 小沢環境相明かす
排出量取引制度を来年中に導入 政府検討
温暖化対策 迷走する国民不在の論議
産業9団体、温暖化対策基本法案へ反対表明
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

奈良男児餓死 祖父母にうそ面会させず 「長男、夫と遊びに」(産経新聞)
阿久根市長 閉会25分前、突然議場に姿 議会側は猛反発(毎日新聞)
基地問題検討委、協議打ち切りも…官房長官(読売新聞)
気象大学校の見直し検討、国交相が表明(読売新聞)
のぞみトラブル オイル漏れ感知せず(毎日新聞)
[PR]
# by z2iz0xl8dv | 2010-03-10 18:43