ピアノ講師の仕事、一生懸命がんばります。
by z2iz0xl8dv
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
【菅登板】責任・危機感どう示..
at 2010-06-11 20:11
傘 子どもたちの「笑顔の花」..
at 2010-06-01 21:49
<タクシー強盗>銀行の2副支..
at 2010-05-26 17:10
<谷亮子>参院選出馬 「二足..
at 2010-05-17 13:12
【萌える日本史講座】KYなお..
at 2010-04-30 23:56
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【萌える日本史講座】KYなおぼっちゃま武将 毛利輝元の人間味とは…(産経新聞)

 慶長5(1600)年の関ケ原の合戦。東軍総大将はご存じ、徳川家康。一方、敗れた西軍総大将は石田三成と勘違いされるが、毛利輝元である。迷走の末、西軍敗退の責任を背負わされ、名門毛利家を没落させた「愚将」という評価が付きまとう。でも、まことしやかな美談で人気が高い西軍の「名将」よりも、失敗談ばかりの輝元には人間くさい等身大の魅力がある。(渡部圭介)

 ■迷走の始まり

 輝元は「三本の矢」のエピソードで名高い、中国地方の覇者・元就の孫。元就の嫡男・隆元が急逝したため、輝元は幼い頃から祖父の薫陶を受けて育ち、祖父亡き後は元就とともに戦った重臣たちに支えられながら育った。

 慶長2(1597)年、幾度となく毛利家の窮地を救ってきた重臣の小早川隆景が死去する。相談相手がいなくなる不安はあったものの、うるさい年寄りがいなくなり、輝元は40代半ばにして思いのままに家臣団を動かせる「自由」を手に入れた。

 時代は、豊臣秀吉亡き後の天下の主導権をめぐり、石田三成と徳川家康が一触即発の情勢となっていた。三成と家康では、軍事力も人望も釣り合いが取れない。三成は五大老の中で家康に次ぐ力があり、名門・毛利家当主である輝元に白羽の矢を立てた。

 「西軍が勝ったあかつきには、あなたを筆頭大老にしますよ」。三成からの甘い誘惑に、輝元は乗ってしまう。亡き祖父は「天下を望んではいけない」と言い残したが、守りに徹することが家を守ることにはならない。ボンボン育ちのお殿様は、目の前に転がり込んできた「ビッグチャンス」に飛びつき、西軍総大将を引き受けた。

 ■KYな殿様

 輝元は大坂城で豊臣秀頼に謁見した際、感激のあまり涙を流した。所領の石高から「120万石の涙」と語られる逸話だが、その後の輝元の迷走ぶりから、人の甘さを物語るエピソードになってしまっている。

 「輝元の失敗は、家臣団に根回しすることなく決断してしまったこと。主君の言うことは絶対である、という輝元なりの理想の主君像があったのでしょう。しかし、これが一世一代の失敗になりました」(毛利博物館)。

 「俺様の方針に、みんな付いてこい!」。輝元が殿様気分で下した指示は、実際は“KY”(空気が読めない)な判断だった、と言えそうだ。

 重臣の一人、吉川広家は一枚岩にならない西軍の行く末を案じ、「これからは徳川の時代になる」と踏んだ。輝元に西軍に加わらないよう説得。家康との主戦論を唱える家臣たちと激論を交わしたが、輝元は聞き入れなかった。広家は独自に毛利家存続の道を探り、領土保全を交換条件に家康と内通する道を選んだ。もちろん、輝元には知らされていない。

 いとこの毛利秀元も、輝元の決断に不安を抱いた一人とされる。毛利家と豊臣家に火の粉が飛ばないよう、三成らの“小さな”反乱に仕立てることで収束をはかったが、輝元に「もう遅い」と一喝された。

 ■名門断絶の危機

 関ケ原で火ぶたが切られたとき、輝元は大坂城でお留守番。現場の総責任者は秀元が務めた。南宮山という、家康を袋のネズミに追いやる絶好のポジションに布陣したと聞き、輝元も勝利を確信しただろう。

 しかし、足並みが乱れた毛利軍は関ケ原で機能不全に陥った。山の麓に陣取った広家が家康との約束通り微動だにせず、これに邪魔されて本隊が山を下りることができなかった。毛利軍の「傍観」で西軍は力を失い、小早川秀秋の裏切りで壊滅した。

 関ケ原で負けたとはいえ、敗れた兵士を大坂城に結集させ徹底抗戦する手もあった。一戦交えて、和平工作を優位に進める道もある。

 広家の内通を知った輝元は怒るどころか、領土が保全されることを聞くと大坂城から撤収。やすやすと城を家康に明け渡す。

 これは甘い判断だった。戦後、家康は広家との約束を反故。西軍総大将としての輝元の責任を追及し、毛利家の領土没収の上、広家に周防、長門両国を与える決定をする。名門毛利家は断絶の危機を迎えた。

 ■輝元の英断

 幸運だったのは「毛利軍団」の結束が腐っていなかったこと。広家は領主になるチャンスを捨て、毛利家存続に奔走する。「毛利家の名前は残してください! 今後、徳川家に楯突けば、輝元の首を取ってきますから」と家康に懇願。周防、長門両国は毛利家に与えられ、輝元らの命も保証された。

 とはいえ中国地方の覇権を握った毛利家を、輝元が没落させた事実は揺るがない。しかし、ここで「英断」が下される。徳川の天下は揺るぎないと確信し、徹底的ともいえる家康への恭順姿勢を取った。

 居城の広島城を追い出されただけでなく、石高は4分の1に減らされたことを考えれば、家臣たちのサムライ魂に火がつき、家康に楯突こうと考えてもおかしくない。輝元は血気盛んな家臣を追い出すことも辞さない厳しい姿勢で毛利家の統制に乗り出した。

 幕府からは「いじめ」のように城建設の協力を要請された。藩財政は悪化、領民の不満も高まり一揆も起きた。でも、輝元は恭順姿勢を崩さなかった。

 ■主君になった輝元

 「輝元の功績は幕府にべったりするのではなく、絶妙な距離感を保ち続けたこと。べったりしていたら、長州藩は倒幕の中心的な存在にはならなかったでしょう」(毛利博物館)。

 慶長20(1615)年、徳川vs豊臣の最終決戦となる「大坂夏の陣」が起きる。輝元は家康からの出陣要請に従う一方、家臣の一人、内藤元盛に兵糧と軍資金を持たせて大坂城に送っている。豊臣家が勝った場合に備えた策略といわれ、根強く残る反徳川派の家臣に配慮した、一種の根回し工作にもとれる。

 大坂城が落城し、元盛は徳川陣営に捕らえられる。毛利家の関与を追及されたが、元盛は完全否認した。結局「嫌疑不十分」となるのだが、輝元は元盛の子たちを自害させ、疑惑を抱かせたことを家康にわびる非情の主君を演じている。

 「『関ケ原以降の徳川家の毛利家に対する仕打ちを思えば、出奔して大坂方に走る者が幾人か現れても、おかしくはなかろうて』輝元は不敵に言ってのけた」(池田平太郎著『傾国の烙印』)。

 多くの家臣や領民を犠牲にしつつも、したたかに守られた毛利家のプライドがやがて江戸幕府を倒し明治維新に導いた。失敗から学ぶことの大切さを、輝元は実証してみせた気がする。

【関連記事】
「本能寺」の真犯人を知っていた? 光秀と煕子、愛のストーリー
古墳から見つかった鏡が照らす“卑弥呼の政権戦略”
“美人すぎる戦国の女”信長を支えたお市
イケメン陰陽師・安倍晴明 実は中高年の星だった?
邪馬台国の女王・卑弥呼どんな女帝ぶり
「裸の王様」次に座るのは…

女性はね逃げた疑いの男逮捕、被害者は11日後死亡(産経新聞)
<掘り出しニュース>甘酸っぱい柚子こしょう 日田の川津食品が開発(毎日新聞)
米軍三沢基地F16、青森空港に2機緊急着陸(読売新聞)
<中田英寿>W杯期間カフェを青山に開店 “旅”で見つけた食材、グッズを販売 27日から(毎日新聞)
高裁裁判官が現地視察=諫早湾干拓めぐる2訴訟(時事通信)
[PR]
by z2iz0xl8dv | 2010-04-30 23:56

JR東海7人、私鉄無賃乗車=IC乗車券の記録消去(時事通信)

 三重県桑名市のJR桑名駅などに勤務していたJR東海の社員7人がIC乗車券「ICOCA(イコカ)」を不正に使用し、出勤の際などに近鉄線を無賃乗車していたことが17日、分かった。7人は「運賃を浮かせるためにやった」と話しているという。
 JR東海によると、7人は近鉄沿線に居住しており、関西の私鉄とJRで利用できるJR西日本のイコカで近鉄線に乗車。桑名駅は近鉄とJRが併設されており、改札を出る際は仕事で使うJR東海の「職務乗車証」で料金を払わず通過、イコカの乗車記録は窓口の処理機で消去していた。不正使用は2008年8月から10年2月まで計258回、10万3300円分に上った。
 JR東海は今年2月に不正を把握、近鉄に謝罪し、7人を処分したが公表していなかった。非公表の理由について、JR東海広報部は「社内調査を継続中だったため」としており、ほかにも同様の不正がないか調べるという。 

<NIE>東京・毎日ホールで新聞活用実践教室(毎日新聞)
<自民党>谷垣総裁が近く「ツイッター」開始 ぼやき先行も(毎日新聞)
山陰海岸学習館、24日リニューアルオープン 鳥取(産経新聞)
学力テスト「ゆとり」見直し…新聞で読解力(読売新聞)
「日米同盟3年持たぬ」 正論大賞・佐瀬昌盛氏が講演(産経新聞)
[PR]
by z2iz0xl8dv | 2010-04-24 01:59

仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」(産経新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は16日、TBSの番組収録で、鳩山由紀夫首相が夏の参院選前に退陣した場合の政局について、「オーソドックスに1年で申しわけないということで、(衆参)ダブル(選)を問う可能性もある。論理的にはそういうことになる」と述べ、衆参同日選が実施されることもあり得るとの見方を示した。

 同日選の争点に関しては「日本は財政上、大変厳しいところにある。これを提起したい」と強調した。

【関連記事】
「衆参ダブル選の可能性高い」と石破氏 「たちあがれ日本」との連携も模索
自民、衆参ダブル選に警戒 支部長選任急ぐ
民主、地方選で苦戦続き 支持率“危険水域”20%台突入
公募の成果と誤算 自民、「若返り」か「分裂」か
【鳩山政権考】いよいよ「小沢政治」が本格化した
外国人地方参政権問題に一石

前長崎市長銃撃 献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
長野で一家3人不明、山林を遺棄容疑で捜索へ(読売新聞)
昔は不登校、今は仕事の挫折で…ひきこもりの高齢化(産経新聞)
小池参院議員が自民を離党、無所属で参院選出馬(読売新聞)
生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
[PR]
by z2iz0xl8dv | 2010-04-21 11:03

【風】結婚、出産、育児 広がる価値観(産経新聞)

 女性の人生の大きなターニングポイントは、やはり結婚、出産。「そんなに大事なことでしょうか?」という独身女性も少なくないだろうが、今回は既婚女性の声を中心に。

 ちなみに、「カツマー」の信奉を受ける勝間和代氏は「結婚、育児で女性は成長できる」という考え。「カヤマー」に支持される香山リカ氏は「それって個人の自由でしょ」と、一歩引いた見方をしている。

 《家庭を持つことは、独身のみなさんが予想していることよりもすてきなことだと思う。ぜひ、妻と母を経験しておかれることをお勧めしたいです》。兵庫県姫路市の女性(51)から、そんなメールが届いた。

 この女性は、会社勤めをしながら結婚、出産、育児をする道を選んだ。さぞ多忙な毎日だっただろうと想像するが、《人間関係や価値観が広がった》《子供が成人した今、それらを経験してつくづく良かったと思う》と、極めてポジティブに受け止めている。

 働く女性に対し、家族や周囲の理解を得るのが難しいケースもあるが、《義理の親や親戚(しんせき)との交流で人間関係が広がり、違った価値観から学ぶことが多かった》。出産、育児では《子供目線で世の中をみるようになった。新しい世代の感覚が新鮮で刺激的だった》。女性は、まさに勝間氏の言葉通り「成長できた」と感じているようだ。

 これまでいただいたメールやファクスでは、意外にも(?)結婚や子育てなどを経験した40〜50代の方に「勝間派」が多かった。妻や母親としてしか体験できないさまざまな出来事に、魅力が大きいということかもしれない。

 とはいえ、やはり主婦業には苦労がつきもの。3人の子供がいるという女性(55)は《家事は終わりのない仕事で、家族はときにはモンスター》と、素直な心情を吐露する。独身であれば、知らずにすむつらさもありそうだ。

 「お金も時間もある独身セレブが一番」「結婚はしたけど子供を産まない人生を選択した」など、違う生き方を選んだ方のご意見もお待ちしています。(奈)

衝突「広がったら怖い」=邦人犠牲に困惑も−帰国の駐在員、旅行者ら・成田空港(時事通信)
強盗殺人で無職男に無期懲役=酒店主襲い5万円奪う−千葉地裁(時事通信)
新党の略称は「日本」に(産経新聞)
大和ハウス奈良工場で火災=けが人なし(時事通信)
高齢者の買い物支援で企業の経費を助成―秋田県(医療介護CBニュース)
[PR]
by z2iz0xl8dv | 2010-04-17 07:25

千円高速で資金難…山梨「ミス宝石」開催見送り(読売新聞)

 山梨県内のミスコンテストの草分けとされ、信玄公祭りに合わせて開かれてきた「ミス宝石コンテスト」が今年は見送られることになった。

 主催する県ジュエリー協会は来年の開催を目指し、2年ごとにペースダウンして続けたい考えだが、資金のめどは立たず、中止の可能性も出てきた。資金難が原因だが、意外にも高速道路の休日の「上限1000円」が影響したという。

 協会によると、2009年3月から全国の高速道路で始まった「土日・祝日の地方は上限1000円」の大幅値下げが、資金難の要因だ。

 宝飾業者143社が加盟する協会は、高速道路の「大口・多頻度割引制度」を利用している。トラックなどの1か月の利用額が協会加盟社全体で500万円を超え、1台あたりの平均利用額が3万円を超えると10%割り引くなどの優遇制度だ。協会はこの割引分を積み立て、コンテストの経費に充ててきた。

 しかし、「上限1000円」への値下げで、1か月の利用額が協会全体で500万円、1台あたりで3万円に届かなくなり、十分な積み立てができなくなったという。政府は「上限1000円」を廃止して新たな上限料金制度を設ける方針で、協会は割引分の積み立てが大幅には増えないとみている。

 来年のコンテストの開催は未定だが、協会は開く方向で検討し、2年ごとにペースを落として続けたい考えだ。昨年はミス宝石グランプリに輝いた1人にダイヤモンドを使った100万円相当のジュエリーを、グランプリに次ぐミス宝石になった2人にも50万円相当のジュエリーを賞品に贈ったが、賞品の経費削減を検討する。ただ、経費の不足分をどうやって補うかは決まっていない。

 協会によると、コンテストの創設にかかわった宝飾業者からは「時代の流れなら(中止も)やむを得ないのではないか」との声も出ており、中止する可能性もあるという。

 協会の菊島輝雄理事長は「コンテストは県内の若い女性にとってあこがれの場だし、ミス宝石は宝飾業の振興に貢献してくれたので続けたい。ただ、不景気で業績が厳しい業者に多額の会費値上げは要請できない。来年は白紙だ」と話す。

 コンテストは1985年、地場産業の宝飾業を発展させる目的で始まった。県内に住む18歳以上の未婚女性を対象にほぼ毎年開き、昨年で22回を数えた。2005年からは4月の信玄公祭りと大宝飾展に合わせて、甲府市のアイメッセ山梨で開催してきた。

 ミス宝石は1年間、ジュエリー大使となり、「ア・マン・オブ・ジュエリー賞」の表彰式で記念品を贈ったり、宝くじのキャンペーンでティッシュを配ったり、イベントで活動する。昨年のミス宝石は大使の任期を1年延長し、2年間にした。ミス宝石にはテレビ山梨(UTY)キャスターの小田切いくみさんも輝き、大使を務めた。(豊田千秋)

【風】「高校、義務教育ではない」(産経新聞)
参院比例に片山さつき氏ら=自民(時事通信)
花見 スカイツリーの下で 東京の新名所に(毎日新聞)
学校医不在で市長と医師会長が会談―山梨・上野原(医療介護CBニュース)
社民党がサイパン、テニアンに視察団 受け入れ意思の再確認で(産経新聞)
[PR]
by z2iz0xl8dv | 2010-04-12 13:35

レセプト請求の審査の効率化も協議―厚労省が検討会(医療介護CBニュース)

 医療保険の審査支払機関が担う業務の質の向上や効率化を図るため、厚生労働省は「審査支払機関の在り方に関する検討会」を設置し、4月8日に初会合を開く。会合は原則公開される。同省によると、こうした検討会は初の試みで、担当者は「できることには順次取り組んでいきたい」としている。22日に第2回会合を開き、その後は月1回の開催で年内に提言をまとめる方針。

 医療機関は現在、社会保険診療報酬支払基金(支払基金)と国民健康保険団体連合会(連合会)に対し、月1回、患者の診療報酬明細書(レセプト)を提出することで医療費を請求しているが、大手企業の健康保険組合や中小企業の協会けんぽは支払基金、国保は連合会と請求先が二つに分かれている。また、請求から支払いまで2か月程度かかることも問題となっている。政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)のワーキンググループが行った昨年秋の事業仕分けでは、支払基金と連合会の統合やレセプト審査の適正化を行うなどの「見直しを行う」とされた。

 同検討会では、両機関の業務の効率化や組織の在り方を見直すだけでなく、双方の競争促進や民間企業の参入についても協議する。例えば、請求から支払いまでの期間を短縮化するための審査フローの見直しや、競争原理の導入による手数料などコスト面の適正化も議題とする。

 検討会の構成員は次の通り。

 粟生田良子・埼玉県毛呂山町住民課長▽足利聖治・社会保険診療報酬支払基金専務理事▽飯山幸雄・東京都国民健康保険団体連合会専務理事▽稲垣仁・国民健康保険中央会総務部次長▽岩田太・上智大法学部教授▽遠藤秀樹・日本歯科医師会社会保険委員会員▽齊藤寿一・社会保険中央総合病院名誉院長▽高田清彦・中国電力健康保険組合常務理事▽高橋直人・全国健康保険協会理事▽長谷川友紀・東邦大医学部教授▽森田朗・東大大学院法学政治学研究科教授▽村岡晃・高知市保険医療課長▽山本信夫・日本薬剤師会副会長▽渡辺俊介・国際医療福祉大大学院教授、東京女子医科大客員教授▽高智英太郎・健康保険組合連合会参与(オブザーバー参加)


【関連記事】
レセプト審査、査定の判断に「支部間差異」―支払基金の報告書
レセプト電子化の問題解決「強く訴えていくべき」−日医委員会
レセプト電子化対応の計画策定へ―支払基金が事業指針
旧総合病院の外来レセプトも1枚で―厚労省が事務連絡
電子レセプト請求が7割超え―支払基金

梅田北ヤード 1期区域の造成工事始まる(毎日新聞)
神崎元代表が議員辞職表明=公明(時事通信)
普天間移設、月内一本化困難 首相が発言後退(産経新聞)
新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
地元の了解なしに移設進めぬ=普天間で鳩山首相(時事通信)
[PR]
by z2iz0xl8dv | 2010-04-07 01:23

<米プリツカー賞>妹島さん「うれしい」、西沢さん「光栄」(毎日新聞)

 建築界のノーベル賞といわれる「米プリツカー賞」を授与されることが決まった妹島和世(せじま・かずよ)氏(53)と西沢立衛(にしざわ・りゅうえ)氏(44)。

 妹島さんは「大変うれしい。これからも頑張って魅力的な建築を作っていきたい」、西沢さんは「光栄で驚いている。よい建築をつくるようにという励ましとも受け取った」とコメントした。

 妹島さんは日本女子大大学院修了後、伊東豊雄建築設計事務所を経て87年に独立。西沢さんは横浜国立大大学院修了。95年にSANAAを共同で設立した。主な共作に熊野古道なかへち美術館(96年)、金沢21世紀美術館(04年)など。ガラスを多用した、軽やかで大胆な造形で知られる。

 金沢21世紀美術館は、ベネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞や日本建築学会賞、毎日芸術賞などを受賞。【永田晶子】

【関連ニュース】
お灯まつり:山から滝のように流れる炎 和歌山県新宮市で
熊野古道フォトコン:世界遺産5周年記念 最優秀に杉本さん /三重
熊野古道協働会議:保全活用に 市民や中学生ら62人参加−−尾鷲 /三重
選挙:白浜町長選 水本氏と立谷氏、前回に続く一騎打ち−−告示 /和歌山
現代俳句の書展:俳句の世界を書で表現 力作137点を展示−−北区 /岡山

中井氏、女性問題を釈明「何か問題ならはっきり言って。つけられて分からなかったのは恥ずかしい」(産経新聞)
両陛下が京都にご到着 国際内分泌学会議のオープニングセレモニーにご出席(産経新聞)
<皇太子ご一家>長野で静養 愛子さま春休み(毎日新聞)
<掘り出しニュース>小倉BQ食KING、焼き麺B級グルメ一堂に 岡山県が日本一に (毎日新聞)
火振り神事 炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)
[PR]
by z2iz0xl8dv | 2010-04-02 03:06